LATEST POST

美容整形でのタトゥー除去費用

タトゥーを除去したいと考える人はどのような理由で、消したいと考えているのでしょうか。まずは単純にタトゥーを後悔しているという人がいます。さらに就職や転職のためにタトゥーを消したいと考えている人もいます。
さらに結婚や出産を間近に控えて、過去に入れたタトゥーを後悔しはじめるという人もいるようです。そして日本人の場合はタトゥーを入れていると温泉や銭湯を利用できないケースが多いので、そうした理由でタトゥーを入れたことを後悔する人もいます。

施術費用ではこうしたタトゥー除去の施術はどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。
実際にはお店によってかなり差があるものなので、なかなか平均値や相場を探ることは難しいところがありますが、とある美容外科クリニックを例にとって考えてみると、レーザーによるタトゥー除去が1平方センチメートルで2200円、100平方センチメートルで75000円という価格設定になっています。

タトゥーは確かにファッションの一つとして地位を確立していますが、年齢を重ねてから除去思う可能性も高いようです。現在タトゥーが入っていて除去したいと考えている方は今回の記事を参考にしてタトゥー除去を考慮してみてください。


参考サイト
タトゥー除去「美容整形の札幌中央クリニック」
タトゥー除去を受けられる美容整形クリニックです。

美容整形でタトゥー除去も可能?

レーザー機器実はタトゥー除去の技術というものも発達していて、現代では代表的な4つの方法で除去することができます。
最初に取り上げるのはレーザーによる除去方法です。
レーザーを照射することで徐々に色を薄くしていくという除去方法となります。
傷跡を残したくない人におススメの方法です。
続いて切除縫縮という方法があり、皮膚を切って縫うという方法です。
最終的に一本の傷のようになるので、傷跡を残したくない人には向かないかもしれませんが、できるだけ速く除去したいという人に向いている方法です。

続いて注目したいのは剥削というタトゥー除去方法です。
これは簡単に言うと皮膚の表面を削るという方法です。
広範囲にわたって入れているタトゥーや、赤や黄色のタトゥーに関してはレーザーでは消せないので、剥削という方法を用い、残ったものをレーザーで除去していく場合もあります。
そして四つ目のタトゥー除去方法は皮膚移植という手段です。どこに皮膚を移植するかというと、背中や太ももなどから皮膚を持ってきて移植するのです。この皮膚移植も広範囲にわたるタトゥーを除去するのに良い方法です。移植部はその後火傷の跡のような状態になっていきます。これら四つの方法がタトゥーの除去方法として知られています。


Relatedpost
美容整形でのタトゥー除去費用

美容整形と日本

美容整形と聞いてみなさんはどんな印象を持つでしょうか。もしかすると芸能人など華やかな世界に住む人だけのためのものというイメージがあるかもしれません。
しかし実際のところ美容整形の施術件数としては日本は世界でも第三位の数字なのです。美容整形といっても手術ありのもの、つまり外科的処置のものと、手術無しつまり非外科的処置のものがあります。ちなみに日本で多くおこなわれている外科的な美容処置はまぶたの手術で、その次に鼻の形成手術となっています。やはり目元と鼻すじを美しくしたいという方が多いようです。

タトゥー美容関係の技術や流行りというものは日進月歩でどんどんと新しいものが登場してきています。
なかにはタトゥーのように徐々に市民権を得てきたものもあります。
日本では以前はガラの悪い人がするものという印象だったと思いますが、著名人やスポーツ選手がファッションでタトゥーを入れるようになってから一般の方でもタトゥーを入れる人が増えてきています。

一方でタトゥーに関しては若い頃に入れたものの、その後時間が経過してから、入れたことを後悔してタトゥーを隠したり、消したいと考えたりする人もいるようです。
海外のセレブのなかには昔の恋人の名前や電話番号をタトゥーとして身体に入れていたという人もいるから驚きです。そのような場合は特にタトゥーを除去したいという気持ちになるかもしれません。実際タトゥーの除去を美容整形という枠組みでおこなうことができるのでしょうか。それでは下記にてご紹介いたします。

  • 最近の投稿

  • カレンダー

    2018年6月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Top